FC2ブログ

2014-03-29(Sat)

はい or YES

S「別れはひとを強くするようですよ。」

オ「はぁ?」

S「別れはひとを強くするらしいんです。」

オ「そうなの?」

S「大丈夫です。俺の言葉じゃないですから。」



3月28日、
俺を変えてくださった卒後3年目のオーベンが、



当院から去りはりました。



一緒に入るオペも最後。
大きな段ボールを4つ医事課にあずけ、
施設課にカードキーとピッチを返却して、



救急外来から出ていくオーベン。



一年間でどんだけ鳴ったんやろ、そのピッチ



この病院にきて、
もっとも寂しい気持ちになりました。



握手して、
Shouhigeは小学生みたいに手をふって、



別れました。



ありがとうございました。
1月1日から約3ヶ月間ほとんど毎日、一緒。



感謝してもしつくせない。



涙は流れませんでしたが、
もっとも心が動いた別れでした。



20140329101_convert_20140329214241.jpg
ふたりでとった最後の出前。



器用で、
病棟管理も完璧。



天才としか言いようがない外科1年目



都立駒込の研修医として、
過去にも天才研修医だったんでしょうか。



マンマのオペ中に、
俺の前に立っているオーベンにばれないよう、



オペ看が背後に垂れ幕を準備。



閉創の際、
俺の視界には垂れ幕が一番の存在感を示し、



オーベンが気づいた時には、
大量出血オペで集まった人間の数を上回り、



今期最大の人口密度やったんちゃうやろか。



手術室が



こんな光景は、
どこの病院でも見たことがない。



そうベテランの先生方がおっしゃっていました。



それだけ、
愛された人柄。



マジぱねぇわ、
尊敬に値するなぁとか思いました。



みんなの寄せ書き付きの垂れ幕



最高のありがとうございましたをおくります。



今日から、
次のオーベンが慶應から派遣されるまで、



下っ端は俺ひとり。



先生のいない道に、
俺はいちおう立っています。



オ「Shouhigeは言い訳が多い。
  外科でははいかYESしかない。」



20140329102_convert_20140329214319.jpg
旗の台で彼女と一緒にみた梅。美しい。



20140329103_convert_20140329214349.jpg
行きつけのプロフェッサーズラウンド。買い物中。



花屋で観葉植物を購入し、
横浜の新居におくりましたよ先生。



プロフェッサーのそばに住んでいる友人にメールしつつ、



目黒や恵比寿を通過し、
ふたりで新宿・代々木デートを満喫。



最寄り駅に着いて、
スーパー内で病院から電話着信が。



緊急があたまをよぎる



彼女も覚悟していましたが、



BSCの患者の、
ロヒプノール流量の指示が欲しいって電話でした。



先生、
こういった電話を、
数えきれないほどこなしたんですよね。



俺その道に立っています



外科研修は残り一ヶ月とふつか









にほんブログ村 その他日記ブログ その他独身日記へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

フリーエリア

プロフィール

Shouhige

Author:Shouhige
国立大学医学部医学科を6年間で卒業した医学科卒です。1年間医師国家試験予備校にて浪人を経験。初期臨床研修2年で修了。後期臨床研修開始。ぶっちゃけ変人なのは気にしない。20歳代後半医師とよく間違われます。経営者になるまでよろしくお願いいたします。

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
月別アーカイブ
ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered by FC2 Blog